痒くない湿疹もある?全身に出来る湿疹の総合サイト

スポンサーリンク



痒くない湿疹もある?全身に出来る湿疹の総合サイト

かゆくない湿疹が全身にできたらビックリしますよね。
ストレスが原因で全身に湿疹ができる事もあるので注意が必要です。

 

食物アレルギーによる湿疹は、顔だけのこともあります。また、かゆみのでない湿疹もあります。
アレルギーでなくても、体調がよくないときには湿疹がでることもあります。
消化能力の発達と湿疹にも関連があるようです。

 

突然、アレルギーを発症することもあるようですし、体質や環境が変わってストレスなどからくるものかも知れません。
ストレスなどの精神的ことが関係したかゆみは、全身性に現れるだけでなく外陰部や肛門、頭皮に顔面にも現れることもあります。

 

病院に行っても、やはり食べた物から確認されると思いますので、遡って覚えておくか、メモを取っておくと良いと思います。

スポンサーリンク



湿疹は一日の中で、状態が変わります。これを日内変動と言います。
経過観察の時はこの日内変動の影響を受けないようにすることが望ましいです。

 

腕やお腹を含めて、脇腹、股など「衣類に隠れる部分」に出来る湿疹の多くは「ダニ」によるものかもしれません。
かゆみがなく痛みだけの場合もあります。

 

接触性皮膚炎は、いわゆる「かぶれ」です。
接触した部分とそうでない部分の境界がはっきりしているのが特徴です。
かゆみや痛みを伴うことが多いですが、かゆみなどがない場合もあります。

 

溶連菌感染症に一番かかりやすいのは学童期の子供ですが、どの年代の人もかかる可能性があります。
主な感染源は咽頭などの上気道で、咽頭炎の症状と一緒に皮疹が出現することが多いと言われています。

 

発疹はかゆみを伴って、1日ぐらいで全身に広がります。まれにかゆくない場合もあるようです。
首や胸、脇の下、太ももの内側など、しわの多いところや圧迫される場所に多く現れ、顔や口のまわり、手のひら、足の裏には見られません。

 

溶連菌感染症の症状は、のどの痛みと 38 度以上の高熱、舌がブツブツに腫れるイチゴ舌に なったり、皮膚に発疹が現れます。

 

日焼けによる場合は日光皮膚炎。ただ、周囲の人々は何でもないのに、自分一人だけが日光のあたった部分の皮膚が赤くなるのは日光過敏性と言います。

 

やはり原因が分からないと不安だと思うので一度皮膚科を受診する事をお勧めします。
むやみに市販の薬を塗るのもよけいひどくさせてしまうかもしれないので皮膚科に受診した方がいいですよ。

 

原因がはっきり分かって湿疹が良くなればいいですね。
一度皮膚科に受診されて、それでもダメだったら内科に受診してみてください。
お大事にして下さい。

スポンサーリンク



スポンサーリンク




スポンサーリンク