湿疹とは?突発性湿疹や日光湿疹、脂漏性湿疹の画像!

スポンサーリンク



湿疹とは?突発性湿疹や日光湿疹、脂漏性湿疹の画像!

湿疹とは何か?を画像で見るには下記を参照してください。

 

湿疹とは

 

突発性発疹とは

 

生後6か月〜1歳の間に発症するもので「ヒトヘルペスウィルス6型、7型」と呼ばれるヘルペスウィルスによる感染症です。

 

発熱温度は39〜40℃の突然の発熱。発熱時に軽度の咳や下痢を伴う事がありますが、全身状態は意外にも良好な事が多いです。

 

多くの場合、赤ちゃんが産まれてはじめて「高熱」を発症するケースは、この突発性発疹であると言われております。

 

からだのおへそを中心に大きさの異なる赤い斑点が出てきます。
手足にはみられません。
顔にも出ることが多く、目の周りが赤くなることもあります。

 

ただ、突発性発疹はほとんど痒みを伴いません。

 

熱が出ている間はほかの病気の可能性もありますので、自己判断せず、できるだけ早く小児科を受診してください。

スポンサーリンク



日光湿疹とは

 

日光に当たると急速に尋麻疹が生じ痒くなります。
日光や紫外線が原因となるアレルギー反応のことを指します。

 

「紫外線アレルギー」「日光アレルギー」「日光性皮膚炎」「光線過敏症」とも呼ばれます。

 

紫外線によるアレルギーはT型アレルギー(即時型)に分類され、花粉症のようなある日突然発症するものに当たります。

 

また、日光湿疹になりやすい人は炎症を起こすホルモンを抑える役割のステロイドホルモンが足りない傾向にあるそうです。

 

脂漏性湿疹とは

 

髪の生え際、小鼻の脇、頭皮に多く発生、赤みを帯びた紅斑様で、時には、脂っぽいかさぶたを伴うケースもよく見られます。

 

脂漏性皮膚炎では増殖した菌によって遊離脂肪酸が過剰に産生され、皮膚に刺激を与えて炎症を引き起こしますが、同時に表皮のターンオーバーが早まるようになります。

 

脂漏性皮膚炎の症状は発症部位、重症度によって異なります。

 

季節、環境によって異なり、 「じめじめ」でなく、「カサカサ」している場合や「ウロコ」、 「カサブタ」になっている場合もあります。

 

原因として、「マラセチア」ではないかと言う説が有力です。
マラセチアとは、皮膚、特に皮脂を分泌する皮脂腺の出口から毛穴にかけて住んでいる真菌(カビ)です。

 

自己診断は危険ですので、必ず医療機関で真菌の検査を受けてから治療するようにします。

 

治療方法は症状が出ている場所や状態によって薬を使い分けるのが効果的と言われます。

 

主婦湿疹とは

 

主婦湿疹とは手に出来る湿疹のことです。
家の中で家事をする主婦がなりやすいことから、主婦湿疹とも呼ばれています。

 

症状としては、直径0.5oほどの水泡ができ、赤く熱を持ちます。
かゆいのでついかいてしまうと、皮膚が破れてそこから透明の液体がでます。

 

症状が悪化したり再発をくりかえすことで、治療期間が長引いたり、手に跡が残ったり、患部に細菌が入って化膿することもあります。

 

手湿疹になってしまったら、患部を広げないことと、肌を乾燥から守ることが大切です。
ゴム手袋をして、直接手が水に触れないように保護しましょう。

スポンサーリンク



湿疹とは?突発性湿疹や日光湿疹、脂漏性湿疹の画像!

湿疹とは何か?を画像で見るには下記を参照してください。湿疹とは突発性発疹とは生後6か月〜1歳の間に発症するもので「ヒトヘルペスウィルス6型、7型」と呼ばれるヘルペスウィルスによる感染症です。発熱温度は39〜40℃の突然の発熱。発熱時に軽度の咳や下痢を伴う事がありますが、全身状態は意外にも良好な事が多...

≫続きを読む

異汗性湿疹や乾燥性湿疹、寒冷湿疹の症状と対処法は?

異汗性湿疹とは異汗性湿疹という湿疹があります。異汗性湿疹は、汗疱とも呼ばれる皮膚の病気のひとつです。手の平や指の腹、指の側面、足の裏などに小さな水泡が多発する皮膚疾患です。別名を汗疱(かんぽう)、あるいは汗疱状湿疹、指湿疹といいます。異汗性湿疹で出来る水ぶくれは強いかゆみがあるため、どうしてもかきむ...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク