ダニに刺された湿疹は痒くてかくと広がるの?

スポンサーリンク



ダニに刺された湿疹は痒くてかくと広がるの?

症状がひどいかゆみを伴ったり、かゆみが続くようならその原因はダニによるものだと考えられます。
その症状は、アトピー性皮膚炎に似てかゆみが強いのでアレルギーによるものなのか、虫等によるものなのか分からない時があります。

 

ダニアレルギーの症状で、目に見えるものとして「皮膚炎」があります。
赤くて小さなポツポツとした湿疹が広がっていてかゆいというのが特徴となります。

スポンサーリンク



死骸や糞などを吸うことによっても体が過剰に反応をして、アレルギー反応がでます。

 

虫刺されによってかゆくなってしまった部分をかきむしってしまうことで、それが体中に広がってしまうということも考えられます。
これによって、あたかも湿疹が全身に広がってしまったように見えるものかもしれません。

 

「放置していても虫刺されは治る」と放置した結果、腫れがひかないばかりか倍に広がるケースもあります。

 

悪化した場合は病院に連れて行くしかありませんので、初期の対応が重要になります。

 

ダニは梅雨から夏にかけて繁殖し大量発生します。逆に寒さには弱く冬になると死滅してしまいます。
そんな理由から今の時期が一番、ダニが発生しやすい時期なのだといえるのです。

 

ダニ刺されを発見したら、正しい対処法で傷跡などをのこさないように注意したいものです。
薬などを塗る前に水で一度きれいに流した方が良いです。
流水を患部に当てて、その後清潔なタオルなどで拭いてください。

スポンサーリンク



ダニ刺されの湿疹症例写真!ダニとノミの刺され方の違いは?

ダニ 湿疹 画像は下記を参照ください。ダニ 湿疹ノミとダニの違いは刺す場所にあります。ノミが主に脚を刺すのに対し、ダニは、お腹、二の腕、脇の下などの皮膚の柔らかいところを刺します。大きさはノミの方が大きいです。ダニにも種類はありますが、屋内ダニはいずれも0.5ミリもなく、目に見えません。ノミは成虫で...

≫続きを読む

ダニに刺された湿疹は痒くてかくと広がるの?

症状がひどいかゆみを伴ったり、かゆみが続くようならその原因はダニによるものだと考えられます。その症状は、アトピー性皮膚炎に似てかゆみが強いのでアレルギーによるものなのか、虫等によるものなのか分からない時があります。ダニアレルギーの症状で、目に見えるものとして「皮膚炎」があります。赤くて小さなポツポツ...

≫続きを読む

ダニ刺されの湿疹 治療に使える市販薬は?対処の方法とは

ダニ刺されの強烈なかゆみが治った後も、ダニの死骸が皮膚の中にしばらく残るため、ダニに対するアレルギー反応が持続し2〜4週間ほどかゆみが残る場合があります。かゆみは、弱いステロイドクリームや抗ヒスタミン薬の飲み薬で治療できます。ダニアレルギーとはダニやその死骸、糞などが体に入ってきたときに過敏に免疫反...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク