ダニ刺されの湿疹 治療に使える市販薬は?対処の方法とは

スポンサーリンク



ダニ刺されの湿疹 治療に使える市販薬は?対処の方法とは

ダニ刺されの強烈なかゆみが治った後も、ダニの死骸が皮膚の中にしばらく残るため、ダニに対するアレルギー反応が持続し2〜4週間ほどかゆみが残る場合があります。
かゆみは、弱いステロイドクリームや抗ヒスタミン薬の飲み薬で治療できます。

 

ダニアレルギーとはダニやその死骸、糞などが体に入ってきたときに過敏に免疫反応が起こり、皮膚疾患や呼吸器疾患という形で障害が現れることをいいます。

スポンサーリンク



ダニ対策をしてダニや糞、死骸などをなくしていけば、徐々にアレルギー疾患も治まってくると考えられています。

 

他のアレルギーを持っていたり、アトピー性皮膚炎の方はダニアレルギーにもなりやすい体質だと考えたほうがいいでしょう。

 

もし、じんましんや、痒みと共に急に息苦しさを感じ始めたのならアナフィラキシーショックの可能性が。

 

アレルギー科のある病院を急いで受診しましょうね。
症状を抑えるためのアドレナリン注射や、抗ヒスタミン薬が必要となります。

 

ペットなどに寄生するダニは吸血のもので噛まれることで強い痒いや炎症、痛みを伴います。見つけた場合は無理にダニをとることはせずにまず病院へいって駆除・治療を受ける事が必須です。

 

今のところ有効な治療薬やワクチンもないため、マダニから身を守る対策が必要として、警戒が促されています。

スポンサーリンク



ダニ刺されの湿疹症例写真!ダニとノミの刺され方の違いは?

ダニ 湿疹 画像は下記を参照ください。ダニ 湿疹ノミとダニの違いは刺す場所にあります。ノミが主に脚を刺すのに対し、ダニは、お腹、二の腕、脇の下などの皮膚の柔らかいところを刺します。大きさはノミの方が大きいです。ダニにも種類はありますが、屋内ダニはいずれも0.5ミリもなく、目に見えません。ノミは成虫で...

≫続きを読む

ダニに刺された湿疹は痒くてかくと広がるの?

症状がひどいかゆみを伴ったり、かゆみが続くようならその原因はダニによるものだと考えられます。その症状は、アトピー性皮膚炎に似てかゆみが強いのでアレルギーによるものなのか、虫等によるものなのか分からない時があります。ダニアレルギーの症状で、目に見えるものとして「皮膚炎」があります。赤くて小さなポツポツ...

≫続きを読む

ダニ刺されの湿疹 治療に使える市販薬は?対処の方法とは

ダニ刺されの強烈なかゆみが治った後も、ダニの死骸が皮膚の中にしばらく残るため、ダニに対するアレルギー反応が持続し2〜4週間ほどかゆみが残る場合があります。かゆみは、弱いステロイドクリームや抗ヒスタミン薬の飲み薬で治療できます。ダニアレルギーとはダニやその死骸、糞などが体に入ってきたときに過敏に免疫反...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク