皮膚に赤い斑点か出来る病気は?かゆみなしで顔に多くある場合

スポンサーリンク



皮膚に赤い斑点か出来る病気は?かゆみなしで顔に多くある場合

血管腫にはさまざまな種類がありますが、その中でも「老人性血管腫」というものが赤い斑点のように出やすいです。

 

これは赤いほくろのような見た目で、かゆみなどの症状はほとんどなく大きさもさまざまです。
血管の拡張と増殖が原因でできる赤い斑点の症状で、1〜4mmくらいの大きさをした赤あざの1つです。

スポンサーリンク



高齢者だけではなく若年層でも発症することがあります。
平坦なものもあれば、隆起して盛り上がっているものもあります。

 

顔、胸、背中。この三つが老人性血管腫が発生しやすい部分だといわれています。どれも異性から気にされる部分ですので、なってしまった場合、コンプレックスに感じる人も多いです。

 

老人性血管症の原因は、皮膚の中の毛細血管が広がり異常に増殖することです。紫外線を 多く浴び炎症を繰り返すことで発症しやすくなります。

 

また、ホルモンバランスとの関連も考えられており、不規則な生活を送る人や皮膚の炎症を起こしている人にもできやすいと言われています。

 

毛細血管が増殖して起きるので体質により赤い斑点は増えることもあります。
どうしても気になるようであれば治し方としてレーザーや凍結療法などによる外科的治療があります。

 

気になる人は、皮膚科や美容外科に相談するとよいでしょう。

スポンサーリンク



皮膚に赤い斑点ができる病気って?画像や写真でチェック!

皮膚の赤い斑点の画像や写真は下記を参照してください。皮膚 赤い斑点お酒を飲む人で、胸に赤いブツブツの斑点ができていることがあります。これはクモ状血管腫といって血管の拡がったものですが、お酒によって肝臓が悪くなると出てきます。こういう斑点がたくさん出ているようであれば、肝臓は悪くないかと考えて、一度検...

≫続きを読む

皮膚に赤い斑点?かゆみなしで足にできる病気って?

ふくらはぎなどに出来る赤い斑点は、鬱血性皮膚炎になります。鬱血性皮膚炎の初期症状は、膝下のむくみです。赤い斑点以外にも、膝下がむくんだりしているという場合には鬱血性皮膚炎を疑うのが一番でしょう。立ち仕事が多い人がなりやすい病気です。鬱血性皮膚炎は主に足首に出るもので、足首から膝方向に広がっていくこと...

≫続きを読む

皮膚に赤い斑点か出来る病気は?かゆみなしで顔に多くある場合

血管腫にはさまざまな種類がありますが、その中でも「老人性血管腫」というものが赤い斑点のように出やすいです。これは赤いほくろのような見た目で、かゆみなどの症状はほとんどなく大きさもさまざまです。血管の拡張と増殖が原因でできる赤い斑点の症状で、1〜4mmくらいの大きさをした赤あざの1つです。高齢者だけで...

≫続きを読む

皮膚に赤い斑点がたくさんできる病気とは?

食物アレルギーや薬物アレルギーが原因となって発生する病気の中に、「アレルギー性紫斑病」があります。全身の小さな血管、特に毛細血管に炎症が起こって、様々な症状を起こす病気です。紫斑病というのは、単一の病気の名ではなく、この出血性素因のために、皮膚や粘膜に紫斑(赤あるいは赤紫、青紫の出血斑)のあらわれる...

≫続きを読む

皮膚に赤い斑点ができるのは何故?かゆみなしで腕に出来たら

ニキビ・吹き出物は腕(前腕や二の腕)にもできることがあります。腕は皮脂が少ない部分ですが、様々な環境が整うとニキビが多発してしまうこともあります。また、ニキビと似た違う皮膚病である可能性もあります。かゆみなしの赤いブツブツができたら、それは毛嚢炎(もうのうえん)かもしれません。毛嚢炎は毛穴の奥に細菌...

≫続きを読む

大きい赤い斑点ができるのは皮膚病?原因と対処法

ジベル薔薇色粃糠疹からだに米粒大くらいの小さなものから示指頭大くらいのものまで、バラ色の発疹が出て、だんだん数が増えていきます。発疹にはフケのような皮膚のめくれたものがくっついています。手足や顔には出てきません。溶連菌感染症初期には頭痛、悪寒とともに急に体温が39〜40℃に上昇します。その後、赤い粟...

≫続きを読む

皮膚の赤い斑点はダニ刺されの跡?

ダニに刺された時、実は症状はすぐには出ません。症状が出るまで8時間〜24時間かかるそうです。まずここが蚊とは違いますね。刺された跡がはっきりしなければダニではありません。ダニに刺されるとその場所がピンポイントで腫れてきます。全体的・広範囲に腫れる場合は、アレルギー(アトピー)を疑ったほうがよいでしょ...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク