足に赤い斑点のような湿疹が出来てかゆくない症状の病気とは?

スポンサーリンク



足に赤い斑点のような湿疹が出来てかゆくない症状の病気とは?

足に赤い斑点状の湿疹ができたとき、かゆみがあるか否かで判断は違ってきます。
かゆみがない病気には、次のものがあります。

 

単純性紫斑病

単純性紫斑病は、原因は不明ですが、血管壁が壊れやすくなることで起こる、20代の若い女性に多い疾患です。
体を軽くぶつけただけで、足やおしり部分に紫斑ができるものです。痛くもかゆくもありません。
とくに下腿に粟(あわ)粒から米粒大の点状の出血斑が多数散在し、時に色素の沈着を残します。全身症状はありません。

 

春と秋に多く発症するという特徴があります。遺伝的傾向が高いようです。
原因はよくわかっていませんが、毛細血管の弱さが原因ではないかといわれています。

 

大体は発症して何週間かで自然消滅します。
対処法としてはビタミンCが多く含まれる食材やサプリメントで補いましょう。

スポンサーリンク



鬱血性皮膚炎(うっけつせいひふえん)

むくんだ足に、赤茶色の斑点が出て来る病気です。
弱い痒みを感じる事が多いようですが、痒みが無い場合もあります。
特に「鬱血性皮膚炎」の初期症状として多いのが、ひざ下のむくみです。
ふくらはぎから、足首、太ももにかけて、鬱血というか赤い斑点が出ます。

 

立ち仕事が多い方や、高齢の方も下半身への血流が悪くなりやすいため、注意が必要です。

 

むくみと共に、足の血流を促すことが病気の予防法となります。
立ち仕事の人は休憩時間に足を上げて、足にたまった血液を心臓方向へ流れやすくするのが効果的です。

 

 

血小板が減少するために出血症状が出る病気には、特発性血小板減少性紫斑病、白血病があります。
身に覚えがないのにあざが増えている、なかなか消えないなどの症状があるときは早めに医療機関で受診することが大切です。

スポンサーリンク



足に湿疹が出来てかゆい時の原因別の対処法は?

足がかゆくなる原因は皮膚の表面の乾燥など様々ですが、皮膚近くにある伏在静脈という血管の血行障害が原因である可能性もあります。皮膚炎、じんましん、掌蹠膿疱症、異汗性湿疹、アトピーなど足の痒みが初期症状の疾患は沢山あります。病気が悪化することもあるので、自分の症状をしっかり把握することが重要です。乾燥に...

≫続きを読む

足に赤い斑点のような湿疹が出来てかゆくない症状の病気とは?

足に赤い斑点状の湿疹ができたとき、かゆみがあるか否かで判断は違ってきます。かゆみがない病気には、次のものがあります。単純性紫斑病単純性紫斑病は、原因は不明ですが、血管壁が壊れやすくなることで起こる、20代の若い女性に多い疾患です。体を軽くぶつけただけで、足やおしり部分に紫斑ができるものです。痛くもか...

≫続きを読む

赤ちゃんの足に突然できる湿疹!生後6ヶ月頃におきやすい?

かわいい赤ちゃんの足に湿疹ができたら心配ですよね。乳児湿疹の多くは、顔や身体の一部分に赤い湿疹やガサガサした肌荒れが起こるもので、主に、皮膚の敏感な1歳前、特に生後6ヶ月までに多く見られるそうです。基本的には刺激による一時的な発疹であるため心配は要りませんが、中には長期的に起こるものもあります。食物...

≫続きを読む

足の湿疹がなかなか治らない!厄介な湿疹を治すには?

ストレスによる全身のかゆみは「ストレス性皮膚炎」と言われています。体全体に何らかの異常があるという訳でもないのにかゆみが生じるのがストレス性の大きな特徴です。アレルギー物質や感染症が原因ではないため、これらを遠ざけても皮膚炎が治らないのです。外部からのストレスにさらされることで交感神経優位の状態が続...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク