赤ちゃんの足に突然できる湿疹!生後6ヶ月頃におきやすい?

スポンサーリンク



赤ちゃんの足に突然できる湿疹!生後6ヶ月頃におきやすい?

かわいい赤ちゃんの足に湿疹ができたら心配ですよね。

 

乳児湿疹の多くは、顔や身体の一部分に赤い湿疹やガサガサした肌荒れが起こるもので、主に、皮膚の敏感な1歳前、特に生後6ヶ月までに多く見られるそうです。
基本的には刺激による一時的な発疹であるため心配は要りませんが、中には長期的に起こるものもあります。

スポンサーリンク



食物アレルギーによる湿疹

特定の食物に対するアレルギー体質は胎児の頃から形成され、多くは生後間もない時期から5歳までに発症します。代表的なアレルゲンとしては、卵、牛乳、小麦、大豆が挙げられます。

 

風邪

まだ、抵抗力が少ない赤ちゃんでは、風邪のウィルスによっても、湿疹を起こしてしまう可能性があります。
だいたい、風邪をひいて2、3日から湿疹が出たら、この原因かもしれません。風邪を治せば湿疹も治るので、湿疹よりも風邪の治療に専念してください。

 

乾燥

赤くならない湿疹は、乾燥の可能性が高いです。赤ちゃんの肌はしっとりツルツルのイメージがありますが、意外と乾燥しやすく乾燥による湿疹は思っているよりも多く発症します。お風呂上りには、保湿ローションなどで乾燥を防いであげましょう。

 

アトピー性皮膚炎

膝の裏に湿疹が出て、かぶれたような状態になっているなら「アトピー性皮膚炎」かもしれません。
アトピー性皮膚炎は「乳児湿疹の中の1つ」ですが、皮膚科での診察が必要です。薬も処方されるので、きちんとした医師の指示が必要ですね。

 

あせも

膝の裏側や足のしわなど汗が溜まりやすい部位は、あせもができたり、汗が刺激となってかきむしり湿疹がやぶれて傷になるケースが多いのです。
できるだけ汗をかいたまま放置しないように気を付けましょう。

スポンサーリンク



足に湿疹が出来てかゆい時の原因別の対処法は?

足がかゆくなる原因は皮膚の表面の乾燥など様々ですが、皮膚近くにある伏在静脈という血管の血行障害が原因である可能性もあります。皮膚炎、じんましん、掌蹠膿疱症、異汗性湿疹、アトピーなど足の痒みが初期症状の疾患は沢山あります。病気が悪化することもあるので、自分の症状をしっかり把握することが重要です。乾燥に...

≫続きを読む

足に赤い斑点のような湿疹が出来てかゆくない症状の病気とは?

足に赤い斑点状の湿疹ができたとき、かゆみがあるか否かで判断は違ってきます。かゆみがない病気には、次のものがあります。単純性紫斑病単純性紫斑病は、原因は不明ですが、血管壁が壊れやすくなることで起こる、20代の若い女性に多い疾患です。体を軽くぶつけただけで、足やおしり部分に紫斑ができるものです。痛くもか...

≫続きを読む

赤ちゃんの足に突然できる湿疹!生後6ヶ月頃におきやすい?

かわいい赤ちゃんの足に湿疹ができたら心配ですよね。乳児湿疹の多くは、顔や身体の一部分に赤い湿疹やガサガサした肌荒れが起こるもので、主に、皮膚の敏感な1歳前、特に生後6ヶ月までに多く見られるそうです。基本的には刺激による一時的な発疹であるため心配は要りませんが、中には長期的に起こるものもあります。食物...

≫続きを読む

足の湿疹がなかなか治らない!厄介な湿疹を治すには?

ストレスによる全身のかゆみは「ストレス性皮膚炎」と言われています。体全体に何らかの異常があるという訳でもないのにかゆみが生じるのがストレス性の大きな特徴です。アレルギー物質や感染症が原因ではないため、これらを遠ざけても皮膚炎が治らないのです。外部からのストレスにさらされることで交感神経優位の状態が続...

≫続きを読む

スポンサーリンク




スポンサーリンク